表札文字の名字 田中、小林、佐々木、山本

表札書体で書く名字ランキング第7位から10位までです。

この10位までで苗字に使われる漢字のベストスリーの田、藤、山が登場しました。

ベスト5は田、藤、山、野、川の順番になります。

ここで注目したいのは、田以外は自然の地形としてあり、これらを由来として多くの名字があります。

しかし田だけは人間が土地を開墾して作り出した地名で、それが一番多く名字に使われているというのは
日本は瑞穂の国たる所以ですね。



   

田中さん

表札文字の田中 多くは地名から生じた名字です。

近畿や九州などの古くから水田の開発された地域に地名とともに多いです。

関連する苗字として、田仲、多中、田半があります。

家紋は片喰(かたばみ)で田んぼの畦などに咲く雑草です。







 








    

小林さん

表札文字の小林 小林の地名は全国にあり、地名から名字がおこりました。

ただ全国に平均してあるのではなく、北関東や甲信越に多く分布しています。

小林さんのなかでも際立って多い職業は神官です。

家紋は揚羽蝶(あげはちょう)が多いです。









 






佐々木さん

表札文字の佐々木 仁徳天皇のころからおこる大姓で、全国に広まってています。

宇多天皇より出て源氏にしたがって武勲功績を挙げ、最も栄えたのが佐々木氏です。

関連する苗字は佐々貴、佐々城、沙々木、作々<木、佐崎などあります。

家紋は目結紋(めゆいもん)。







 










山本さん

表札文字の山本 山の多い地形を反映して全国に広く分布しています。

山の中心、山のふもとの意です。山の神の宣旨を伝える役目を持ち、神主さんも多くいます。

山本さんは近畿江をはじめ西日本に多く、神官系と清和源氏系の2流が主流です。

関連苗字には山元、山茂登、山元都、山下などです。




















表札のご用命は山田製作所に

表札書家による筆文字表札のご用命は当店へ。

桧、桜の木の表札、運を開く一位、雲龍、神代の縁起表札がご好評いただいてます。

伐採を禁止されている、希少かつ貴重な樹齢三千年を超える屋久杉表札も取り揃えてます。。

ご注文の前に、お客様のお名前を下書きサンプルでご確認いただける安心システムの表札屋です。

表札に字を直接書き入れる、木の書き表札では申し訳ありませんが下書きサンプルをご覧いただけません。