日本の名字はやはり多かった

世界の名字と日本の名字の数を比べて見ましょう

世界で一番多い名字を持っている国はアメリカでその数約150万といわれてます。

アメリカは移民の国で、その民族的多様性を見れば名字の多さもうなずけるでしょう。

日本の名字は読み方の区分も含めてその数27万ともいわれてますが、15万から27,8万の間でしょうか。

ドイツでは15万から30万の幅で推計されているようです。(静岡大学 城岡研究室)

フィンランドには3万ほどとのことです。

中国では、現在使われている名字の数は4,000くらいです。

お隣の韓国には274の名字があります。

ただし、帰化する人が新しい名字を創ったり、元の国で使用していた名字をそのまま使うことで、
名字は少しづつ増える傾向にあります。

アジアや世界では名字の無い国はかなりあります。

日本の名字はやはり多いですね。





中国の名字

中国の名字は2007年発表の中国科学院遺伝発育研究所の調査結果によれば、歴史を調べてみると
2万4千以上の名字が存在していますが、現在使われているのは4000位です

一番多い名字は王(wang)さんが全国総人口の7.25%に当たる9288万人。次いで僅差で李(li)さんが7.19%で
9207万人、第三位は張(zhang)さんで6.83%の8750万人です。第四位は劉(liu)さん、第五位は陳(chen)さん
です。(2007年、中国公安省発表)



中国の名字の特徴は

    一文字の名字が大部分を占めているので(二文字苗字もあるが三文字は例外的なものです)、複数文字と違って
    組み合わせが無いことで名字が少ない。二文字姓では諸葛・上官・欧陽・公孫・司馬が有名です。
    儒教の影響により先祖を大切に思う思想により、名字を受け継いできたからでしょう。
    中国では分家したものが新たに姓を起こすことはありません。
    夫婦別姓で子供は父方の名字になります。





韓国の名字

お隣の韓国の名字は274種で、金さんが2割以上を占めています。次いでで李、朴、崔、鄭さんの順で、
この五つの名字だけで全体の」五割を超えています。

      1. 金さん  8,786,000   2. 李さん  5,985,000   3. 朴さん  3,436,000   4. 崔さん  1,913,000   5. 鄭さん  1,781,000
      6. 姜さん   958,000   7. 趙さん   877,000   8. 尹さん   834,000   9. 張さん   810,000   10. 林さん   673,000

韓国の名字の特徴は

    中国の影響を強く受けています。
    古くには日本書紀に朝鮮半島からの渡来人として「鬼室集斯」「憶礼福留」の姓名がありましたが
    新羅では三国時代に中国風の姓名が取り入れられ、現在ほぼ完全に中国風になっています。
    一文字名字がほとんどで、二文字名字は10くらい、三文字名字は見当たりません。
    韓国でも儒教思想の影響で、先祖代々の姓が忠実に継承されたため姓の数は少ないです。
    こうなりますと結婚するにも出身地である本貫(祖先の発祥地)を考慮しないと出来ません。(下記の記事を参照)




ドイツの名字

ドイツの名字は上位14位までを職業姓が占めるという、特徴的なものです。

    一位   Muller(英語 Miller) 粉引き屋
    二位   Schmidt(英語 Smith) 鍛冶屋
    三位   Schneider(英語 Talor) 仕立て屋
    四位   Fischer(英語 Fisher) 漁師
    五位   Meyer(英語 Mayer) 領主の執事
    六位   Weber(英語 Weaver) 織工
    七位   Wagner(英語 Wagner) 車屋
    八位   Becker(英語 Baker) パン屋
    九位   Schulz(英語 Steward) 執事
    十位   Hoffmann(英語 Hoffman) 農民

静岡大学 城岡研究室より   www.ipc.shizuoka.ac.jp/~jjksiro/shiro.html



イギリスの名字

職業姓、父親の名前に由来する姓、髪や肌の色、身体の特徴からきた名字などがあります。

後ろにson,sがついたり、頭にMac,Mcがつくと「〜の息子」となります。

    一位   Smith 鍛冶屋
    二位   Jones Joneの息子
    三位   Williams Williamの息子
    四位   Brown 茶色
    五位   Talor 仕立て屋


アメリカの名字

父親の名前に由来する姓が多く、上位10位のうち6姓になります。(Davis,Wilson,Anderson)

割合は地名姓が43%、父称姓が32%、職業姓が15%、ニックネームが10%です。

    一位   Smith 鍛冶屋
    二位   Johnson Johnの息子
    三位   Williams Williamsの息子
    四位   Brown 茶色
    五位   Jones Joneの息子
    六位   Miller 粉挽屋
    七位   Davis Davidの息子
    八位   Willson Willの息子
    九位   Anderson Andrewの息子
    十位   Taylor 仕立て屋

静岡大学 城岡研究室より   www.ipc.shizuoka.ac.jp/~jjksiro/shiro.html


欧米の名字

父親の名前に由来する姓が多く、上位を占めます

andersen amunsenなども 親の名前プラス息子(sen)です。

ロシアでも〜ビッチという名前をよく耳にしますが、こちらも〜の息子の意味です。

地名姓には hill (丘) からは Hillman 「丘に住む人」、 Churchill 「教会のある丘に住む人」が
単純なものとしては wood (森)からそのものの Wood あるいは Woods となります。

ニックネームとしては、たとえばBrownさんは色黒な人のことで、他に髪の色、背の高い、
低いなどその人の特徴的なものが名字となリました。



日本の名字の多いわけ

日本では、国民はもともと天皇と同属であり、祖先や家柄をことさら誇示することはなかった。

また、姓に関する禁忌は無く、上記のように古代の氏や姓にこだわらなかったこともあるでしょう。

地名に由来する名字が多いためと、本家と同じ名字の字を避けて同じ読みで違う字を用いた。

漢字の導入もおおきな理由になると思われます。同じ発音でも加藤、嘉藤、佳藤、河藤などなど・・・。

表音文字のアルファベットとは違いますね。





同姓同名多すぎでトラブル増加 中国の現代名字事情

人口約13億人の中国で、同姓同名の人が多すぎるため、誤認逮捕などさまざまなトラブルが増えている。

漢字2.3字の姓名が圧倒的に多いためで、当局は一字の名前を避けた命名をと訴えている。

中国では毎年約二千二百万人が生まれているが、同姓同名の重複率が高まっているという。

「張偉」は全国で約二十九万人、「王偉」は二十八万人もいるそうだ。

「陸上選手の劉翔が2004年のアテネ五輪で金メダルを獲得した後は「劉翔」チャンが続々と誕生
すでに一万八千人に達したという。





同じ名字が多くて 韓国の結婚事情

韓国では同じ名字が多くて、1997年に憲法裁判所で無効とされるまで法律に「同姓同本不婚」(同じ姓で、

しかもその家系の始祖の出身地である「本貫」や、家系のルーツを同じくする場合にのみ)という制度がありました。

本貫の数は金さんで280ほど、他の姓でも百以上なので、同姓の人数の多い姓の人は同じ本貫の人と出会う
確立は低くはありません。

韓国では8親等内の親せき(日本では3親等までが禁止)との結婚は、法的に認められていません。

このため韓国の若い人たちは習慣的に本貫も名乗りあって、禁じられた恋愛関係にならないようにしているそうです。

余談ですが、 韓国では夫婦別姓です。女性は結婚しても名字は変わりません。子供たちは全員、父親の姓になります。

韓国人にとって、姓を変えるということは、一族と縁を絶つことであり、先祖を辱しめることなのだそうです。