古代に発生した苗字 氏姓制度

氏姓制度(しせいせいど)とは、古代日本において、朝廷(ヤマト王権)から中央の貴族や地方の有力豪族が、その貢献度や
朝廷における地位に応じて、朝廷より氏(ウジ)と姓(カバネ)を授与され、その特権的地位を世襲した制度のことです。

この古代に発生した苗字の一種とも言うことができる氏(ウジ)と姓(カバネ)の歴史を掘り下げて見ていきます。

     

氏と初期の姓

古代の氏(以降ウジと表記します)とは主に血縁関係にある多くの家族の集団で、その長である氏上は
氏神を祭り、外に向けて氏を代表しました。

これらのウジは各地に散在していましたが、やがて皇室のウジを中心に朝廷が形成され
政治的地位と職務が世襲されるようになりました。

ウジの名称は地名からくるものが多く、「新撰姓氏録」では約7割が該当します。

蘇我氏は奈良県橿原市曽我町、葛木氏(かつらぎ)は大和葛城(現在の奈良県)、平群氏(へぐり)は
奈良県生駒郡平群町に本拠を置いていた古代豪族です。

残りは役職からで、中臣氏は祭祀を、大伴氏、物部氏は軍事を職務としていました。

これらのウジの中には、奴隷を持ち、そのほかに多数の部と称する私有民を持つウジもあり、この部の民
が生産の中心となっていました。

部の民は完全な私有民ばかりでなく、納税によって管理されている程度だったようです。ほとんどは
農民(田部)でしたが、漁民や工具、武器つくりなど特殊技能持ちの部民(弓削部、鍛冶部、服部)もいました。

これらの部からも苗字が生まれました。(別掲します)

これら氏族には初期の姓(以降カバネと表記します)が尊称として付けられたり、尊称的意味を持たず、単に
その氏族の職能からきたものもあります。

君、彦、積、長、村主、主、臣、連、大身、玉などは前者で、神主、画師、薬師、日佐は後者です。

臣は葛城氏(かつらぎ)、平群氏(へぐり)、巨勢氏(こせ)、春日氏(かすが)、蘇我氏(そが)のように、
ヤマト(奈良盆地周辺)の地名を氏(ウジ)の名とし、かつては王家と並ぶ立場にあり、ヤマト王権においても
最高の地位を占めた豪族でした。

連(むらじ)とは、大伴氏、物部氏、中臣氏(なかとみ)、忌部氏(いんべ)、土師氏(はじ)のように、
ヤマト王権での職務を氏(ウジ)の名とし、王家に従属する官人としての立場にあり、ヤマト王権の成立に
重要な役割をはたした豪族でした。

伴造(とものみやつこ)とは、連(むらじ)とも重なりますが、おもにそのもとでヤマト王権の各部司を
分掌した豪族です。 秦氏(はた)、東漢氏(やまとのあや)、西文氏(かわちのあや)などの代表的な
帰化氏族、それに弓削氏(ゆげ)、矢集氏(やずめ)、服部氏(はとり)、犬養氏(いぬかい)、舂米氏(つきしね)、
倭文氏(しとり)などの氏(ウジ)があります。

国造(くにのみやつこ)は、代表的な地方豪族をさし、一面ではヤマト王権の地方官に組みこまれ、また在地の
部民(べみん)を率(ひき)いる地方的伴造の地位にある者もありました。

国造には、君(きみ)、直(あたい)の姓(カバネ)が多く、中には臣(おみ)を称するものもあったようです。

県主(あがたぬし)は、これより古く、かつ小範囲の族長をさすものと思われます。いずれも地名を氏(ウジ)の名と
していました。





朝廷が認め、制度化した姓

これらの初期のカバネが地位、門閥を表すようになると、朝廷でもこれを認めてそれをに対する制度を作りました。

国造、県主、稲置など地方役人は世襲として官名を受け継ぐので、自然とカバネとして扱われるようになりました。

カバネの中では、臣、連が一番格式が高いとされ、最も有力な者には更に大臣(おおおみ)、大連(おおむらじ)
のカバネが与えられた。

そして、統一がすすむと、下賜して宮廷官僚として政務にたずさわる一つの爵位的なものとなり、階級をあらわすもの
にもなりました。

大化の改新により、氏姓制度による臣・連・伴造・国造を律令国家の官僚に再編し、部民を公民として、一律に
国家のもとに帰属させた。

しかし、その後氏姓制度が形骸化するにつれて、氏(ウヂ)と姓(カバネ)とが世襲化により一体化され、その構成員も
いたずらに増え過ぎてしまうなど弊害が生じ、今で言う構造改革が必要になりました。

旧来の氏族制度を改革し、新しい国家体制に即応出来る官僚制を構築しょうという政策です。



冠位十二階   推古天皇11年(603年)制定 豪族を序列化し、また氏や姓にとらわれることなく優秀な人材を登用することを目指した。
          また官位の任命を天皇が行うことにより、豪族に対する天皇の権威向上を図った。
冠位十三階   大化3年(647年)制定 648年施行
冠位十九階 大化5年(649年)施行
冠位二十六階 天智天皇3年(664年)施行
八色の姓  天武天皇13年(684年)施行    新しい姓の制度を制定 
  冠位四十八階  天武天皇14年(685年)施行



八色の姓

八色の姓(やくさのかばね)とは、天武天皇が684年(天武13)に新たに制定した真人(まひと) 朝臣(あそみ・あそん)
宿禰(すくね)忌寸(いみき)道師(みちのし) 臣(おみ) 連(むらじ) 稲置(いなぎ)の八つの姓の制度のことです。

八色の姓によって全く新たな官位制度と連動させつつ、古い氏姓制度を弱体化し、世襲化されている旧来の姓(カバネ)
ではなく、全く新たな姓(カバネ)である真人(まひと)・朝臣(あそん)・宿禰(すくね)・忌寸(いみき)などを導入し、
それらを賦与ないし継承させる氏上(うじのかみ)をその直系親族に限定しました。

その許認可権すら当初は天武天皇自ら握っていました。

実際に賜ったのは、真人・朝臣・宿禰・忌寸の上位四姓でした。

旧来の臣・連・伴造(とものみやつこ)・国造(くにのみやつこ)という身分秩序にたいして、臣・連の中から天皇一族と
関係の深いものだけを抽出し、真人・朝臣・宿禰の姓を与え、新しい身分秩序を作り出し、皇族の地位を高めた。

上級官人と下級官人の家柄を明確にすると共に、中央貴族と地方豪族とをはっきり区別した。



真人(まひと)  最高位の姓(かばね)である。基本的に、継体天皇の近親とそれ以降の天皇・皇子の子孫に与えられた。
朝臣(あそみ、  上から二番目に相当する。一番上の真人(まひと)は、主に皇族に与えられたため、皇族以外の臣下
   あそん)  の中では事実上一番上の地位にあたる。この朝臣が作られた背景には、従来からあった、臣(おみ)、
         連(むらじ)の上位に位置する姓を作ることで、姓に優劣、待遇の差をつけ、天皇家への忠誠の厚い
         氏を優遇し、 天皇家への権力掌握をはかったと思われます。臣、連は弱体化されました。
宿禰(すくね)  3番目に位置する。大伴氏、佐伯氏など主に連(むらじ)姓を持つ神別氏族に与えられた。
忌寸(いみき) 上から4番目の姓。直(あたえ)姓の国造や、渡来人系の氏族に与えられた。



ただし、従来あった姓はそのまま残されました。そのために古くからあったカバネ、臣・連・伴造(とものみやつこ)
国造(くにのみやっこ)などもそのまま残っていました。従来からあった、臣、連の姓の上の地位になる姓を作ることで、
旧来の氏族との差をつけようとしたものです。

上記の四つ以外の新しい姓は実際には下賜されませんでした。



氏姓制の変質

その後平安時代には藤原氏の隆盛とそれに伴う他家の没落。また、桓武天皇より平朝臣、清和天皇などから源朝臣のように
諸皇子に氏姓をあたえる臣籍降下が盛んに行われるようになった(賜姓制度)ため、朝臣以外の姓は廃れていきます。

平安中期からはこれら古い姓にかわって、中世の姓である名字(みょうじ)がおこってきます。














表札買うなら山田製作所

表札書家による筆文字表札のご用命は当店へ。

桧、桜の木製表札、運を開く一位、雲龍、神代の縁起表札がご好評いただいてます。

伐採を禁止されている、希少かつ貴重な樹齢三千年を超える屋久杉表札も取り揃えてます。

ご注文の前に、お客様のお名前を下書きサンプルでご確認いただける安心システムの表札屋です。

表札に字を直接書き入れる、木の書き表札では申し訳ありませんが下書きサンプルをご覧いただけません。